作成したwebサイトに対してSEO対策をするつもりであれば、質の良いドメインを使うことが上位掲載への近道でしょう。それについて、どのようなドメインを購入するのが良いかSEOに焦点を当てて解説していきたいと思います。

希望したドメインを入手するコツ

新規にドメイン取得する場合には、早いもの勝ちなのでまだ誰ももっていないドメイン名ならすぐに取得できます。中古の場合には、リストで表示されているので、それを調べて購入すると良いです。ドメインは唯一のものなので、同時期に同じものが存在することはありえません。
そのため、他の人が持っていないドメインを取得する必要があるのです。新規で取得するときは、短くてシンプルでわかりやすいドメインはすでに取得されている場合がほとんどでしょう。その場合は、日本語と英語をミックスしたり、他のメッセージ性のある単語と組み合わせたりすると良いです。それが周囲にもわかる暗号性のものならなお良いです。
今のグーグルのアルゴリズムはその辺を臨機応変に読み取ります。またその推測の際にもコンテンツを見て想像していきます。このようにしていけば案外希望したものに近いドメイン名が取得できます。そして、それほど不利になることもないでしょう。
ドメインは早いとこ決めて、コンテンツの作成に取り掛かった方が良いでしょう。ワードの選定は確かに重要なのですが、最重要ではないです。ある程度キーワードを含んでいた方が、狙ったユーザーを誘導しやすいということはあるのですが、ロングテールのように、思いがけないワードなどでサイトに入ってくる人も多いです。狙ったユーザーもそうでないユーザーも、もっとも重要なのはコンテンツの質です。グーグルも今はいくらワードを網羅していてもコンテンツがダメなサイトを上位表示することはないです。
またこのコンテンツを評価してもらうためにはサイト内部の整備が必須です。内部seoを適切に行い、クローラーにコンテンツを巡回してもらいます。