作成したwebサイトに対してSEO対策をするつもりであれば、質の良いドメインを使うことが上位掲載への近道でしょう。それについて、どのようなドメインを購入するのが良いかSEOに焦点を当てて解説していきたいと思います。

ドメインの良し悪しを決める要素とは

ドメインの良し悪しは新規か中古かによって変わります。新規のものであれば、ドメイン名の付け方の話になりますが、短くシンプルで、コンテンツの中身に合ったものが理想です。英語か日本語やその他の言語かということは特に問題ではなく、ユーザーやクローラーにわかればそれでよいです。
そして中古の場合には、同じようにコンテンツにドメイン名が合っている方が良いのですが、それ以上にそのドメインが過去にどのようなサイトで運営されていたかなどの方が重要です。観点は、サイトが運営されていた期間、サイトの種類、サイトのランキング、スパム判定を受けた過去がないかなどの観点が重要です。これらは無料のツールで調べることが可能なので、中古ドメインを取得する際にはあらかじめ調べておいた方が良いです。
上述のようなことがドメインを取得する際の注意点ですが、最近はそれほど重要ではなくなってきていて、だいたい内容がわかれば良い感じです。グーグルはコンテンツの中身を考えて検索ユーザーに対して表示しているので、単にワードが一致しているかどうかだけで判断はしていません。
そのため、最近はそのコンテンツがユーザーの要望を満たすかということが圧倒的に重要になってきています。これに関しては、グーグルに対して自分のサイトがユーザーの要望を満たすことができるというアピールをするのですが、実際に満たすサイトを作成するのがもっとも手っ取り早い方法です。
ブラックハットでアルゴリズムといたちごっこをするよりも、コンテンツseoで普通にやった方が楽でしょう。逆に、昔から正統派の方法でやってきた人にとっては有利な状態になってきています。この傾向は今後ますます加速するでしょう。