作成したwebサイトに対してSEO対策をするつもりであれば、質の良いドメインを使うことが上位掲載への近道でしょう。それについて、どのようなドメインを購入するのが良いかSEOに焦点を当てて解説していきたいと思います。

スパム対策としてのドメイン選択とゾーン情報の確認

スパムメールはとても多く、メールサーバーを運用する管理者を困らせているほか、メールを利用する方の多くが振り分けなどで面倒な手続きをしなくてはならない状況です。メールクライアントによってはスパム処理をしてくれることも多くなっていますが、多数のスパムがあるとPCが遅くなったりするので多くはメールサーバで対応することが増えています。メールサーバでのスパム対応は主にドメインとゾーン情報で対応となっています。スパムが多く発信されるドメインはインターネット上の監視団体がブラックリストに載せています。ブラックリストは公開されており、メールサーバの多くは取り込める設定になっています。ブラックリストが適用されると対象ドメインからのメールをすべて捨ててしまったり、振り分けをすることができます。一般的にフィルタリングシステムは比較的緩めのチェックをすることが多いのですが、セキュリティシステムと連動させて動作することで厳しいチェックが可能となってきています。ドメインのゾーン情報を含めた確認のほか、メール本文をチェックするシステムも増えてきています。また、添付ファイルがあった場合に中身が確認できなければ添付ファイルを排除する仕組みをもっているシステムも増えています。メールのフィルタリングはプライバシーの問題もあるのでスパムであることが分かるように題名に追加するだけの場合も増えています。ドメインの利用については、フィルタリングを越えることも可能です。中古ドメインのように長く使われてきた場合はフィルタリングシステムも問題ないアドレスと認定することが分かってきており、特に企業や通信キャリアメール、ファイアウォールを突破させるために古いドメインが利用されることが増えています。