作成したwebサイトに対してSEO対策をするつもりであれば、質の良いドメインを使うことが上位掲載への近道でしょう。それについて、どのようなドメインを購入するのが良いかSEOに焦点を当てて解説していきたいと思います。

SEOの観点から見るドメイン購入について

ドメインを取得するには新規か中古かがありますが、最近は新規で購入する人が多いです。なぜかというと、中古を取得する目的は過去のサイトの恩恵を受けることですが、グーグルのアルゴリズムが過去と現在を切り分けるのがうまくなっているからです。
過去の恩恵を受けるというのは、過去にそのドメインで運営されていたサイトの評価が高かったり、被リンクが多いと自分が新しく作成したサイトにもクローラーの巡回が増えるなどのねらいがあります。被リンクが多ければ、そこからクローラーが入って来ますし、ドメインの評価が高ければ、それもクローラーの巡回頻度に関係するという発想です。
かつては確かにこのような状況があり、現在でも完全にないとは言い切れません。そのため、高値で中古ドメインが売買されたりもしていました。なかには単純にそのドメイン名がほしいだけという場合もありますが、上述のように恩恵を受けたいケースも多いです。
しかし、最近のグーグルのアルゴリズムは過去のサイトは過去のサイト、今のサイトは今のサイトと評価を分離する傾向にあります。これは当然と言えば当然でしょう。もともと評価を重ねたかったわけではなく、アルゴリズムの構造上そうなってしまっていただけでした。グーグルはサイトを公正に評価したいので、合理的な関連性のない過去と今のサイトの評価を関連させることはもちろん避けたいです。それが最近は実現されてきているということです。いくらドメインが同じでも、サイトが変わっているということをデータベースで管理しています。
また、過度にねらった中古ドメインの取得はブラックハットと見なされるようにもなっています。中古を買うなら注意が必要です。